ブログ

2019.03.24

wifiの端末を紛失!違約金約2万7000円を払わない裏技とは?!

wifi端末を部屋で紛失して48時間。夜通し探しても見つかる気配がないため、wifi端末のプロバイダに朝イチで問い合わせることに。

・・・・待機すること数分。やっとつながり、オペレーターの方に「wifi端末を部屋で紛失したので、SIMカードを再発行したい」と告げる。すると、「こちらでは発行の手続きはできない」「直接(携帯キャリアの)店舗に行ってください」との答え。

えー!そうなのか・・・。。。

そこで検索して近くの店舗へ。「必要になるかもしれない」と思い、念のためプロバイダ会員ページにログインをして向かう。

すると、スタッフの方より「(wifi端末に付随している)電話番号はわかりますか?」と質問される。

ええーっ!電話番号!!プロバイダ会員ログインページから電話番号を確認するが、載ってない!!!

スタッフの方によると、「プロバイダと店舗は別会社」「そのため、電話番号がないとお客様情報を検索できない(つまりSIMカードを発行できない)」らしい。。。

うーん、どうしよう・・・。困ったな・・・。

と思っていると、スタッフの方が会員ログインから接続IDで松宮の情報を検索し、SIMカードを発行してくれたのだ!本当に助かった。。。

その後、モバイルショップで中古のwifi端末(1980円)を購入。数日ぶりにwifiをつなぐことができた。

松宮は違約金(2万6784円:契約により異なる)を払い、あらたに契約しなおさなくてはならないところだったが、SIM再発行代(3240円)+中古のwifi端末(1980円)=5220円 つまり、2万1564円安くすんだ。

「必要ないかな?」とも思ったが、プロバイダの会員ページにログインしておいてよかった・・・。

とっても親切なスタッフの方のおかげでなんとか事なきを得たが、今後はwifi端末を紛失しないように気をつけよう。

【まとめ】
SIMカードを再発行するには:
・wifi端末に付随する電話番号が必要なので注意
※店舗により異なる可能性もあるため、直接確認を!
・念のためプロバイダ会員ページにログインして店舗へ

wifi端末を紛失した場合:
・違約金を支払う+再契約よりもSIM再発行料+中古のwifi端末を入手する方が安い












2019.03.18

部屋で神隠し!?

 数日前、充電するためにPCにポケットwifiをつなぎ、動画を観ながら眠ってしまった。ふと目覚めると・・・・

「ポケットwifiだけがなくなっている!!!」

松宮は家以外でもPCで仕事を行うため、ポケットwifiを利用している。つまり、松宮にとってPCとポケットwifiは必須アイテムなのだ。

ポケットwifiがない=PCで仕事ができない

いや、携帯+テザリングでネットにつなぎ、PCで仕事をすることも可能だ。しかし「使いすぎてますよ」というデータ使用量の警告が1日で出てしまった。うーん、どうしよう???(なぜか太字&文字のサイズが変更できないが、修正すると時間切れになって保存できなくなりそうなのでこのまま突き進む)。

ポケットwifiを紛失した場合:契約期間が残っている時は2万5000円近い違約金を払い、再度契約する必要があるようだ。

うーん・・・。
2万5000円か。。。

・・・その後、
神隠しのごとく忽然となくなったポケットwifiを探し続けて20時間以上。いまだ見つからない。。。

なぜPCから外れて
ポケットwifiだけなくなったんだろう?クッションや机、ベッドの下、カーテンの内側、部屋の隅々まで探しても見当たらないのはなぜ???

マジメに悪戯好きの妖精さんでもいるのではないか・・・・。ナゾは深まるばかり。

と、ここで調べてみると、違約金を払い再度契約するよりも安くすむ方法を発見!!!

SIMカードの再発行を依頼(2,3000円)+中古のポケットwifiを購入(3000円ほど)=6000円ですむ

できれば部屋でなくなったポケットwifiを見つけるのが一番だが・・・探し続けて20時間。もう挫折しそう(笑)

ほぼ)PCを使わないのもそろそろ限界。

「このまま探し続けるか」
「それともお金を払って中古のポケットwifiを購入するか?」
(↑突如文字が大きくなった)。

嗚呼、決断の時が迫る。












2019.03.01

「まさか自分が?!」の体験

 ここ数年、くしゃみや鼻炎などのアレルギー症状に悩まされてきた松宮。
“くしゃみといっても1~2回ではない。なんと、「連続10回ほど出る」ことも多く、集中力が切れるし体力が消耗するため、とても困っていた。

【くしゃみが出る場所】

・くしゃみが出る主な場所:家・仕事場・ファミレス・ジム・電車の中など
室内のみ。屋外ではでない。

【季節】

・年中無休

【何をしている時に出るか】

・仕事中
・電車で移動中
・ベッドに横になっている時
・ダンスや筋トレ中
・図書館で借りた本を読んでいる時など

=「ほこりっぽい」と感じる時には高確率でくしゃみが出る。

【推理】季節性もないし、室内でくしゃみが出る。特に冷暖房の風を感じたり、図書館の本を読んでいる時に出たりするのは・・・

ハウスダストではないか?

と思い、ふとん乾燥機とふとん専用の掃除機を購入。週に1度使っているが、一向にくしゃみ(その他のアレルギー症状)はおさまらない。

「いつも顔にはマスク・手にはティッシュ」。そんな状況に耐えられなくなり、ついにアレルギー科へ行くことに。

最初は「近所でアレルギー科があるクリニック」を探していた。

しかし数年前、1年半ほど熱が下がらず(平熱2℃プラスぐらい)10メートル歩くのもツラかったという経験をした松宮。近所を中心に5カ所ほどのクリニックに行ったが、原因がわからず。“結局自分の治癒能力にかけるしかない”状況に。

「やっぱり少し遠くても専門医に診てもらおう」と決意し、耳鼻咽喉科(鼻が弱いため)でアレルギー専門医がいるクリニックを探す。

だが、都内でもかなり少ないようだ。

・・・数日後。探しまくって該当するクリニックを発見し、早速行ってみると・・・

「ハウスダストではないかと思うんですが…」と言うと、「アレルギーもいろいろあるから」と血液検査をすすめられる。

実は松宮以外、両親や兄弟はすべて花粉症なのだ。

「まさか自分がアレルギー検査をするとは・・・」「いや、でも自分以外の家族は全員花粉症だから何らかのアレルギーになる可能性も高いかも・・・」など、さまざまな考えが頭の中を巡る。

・・・1週間後。ドキドキしながら検査結果を聞くためクリニックへ。すると・・・


「検査結果ですが、アレルギーはありませんでした」と先生。


ハウスダストはもちろん、ぶたくさやよもぎなども「まったくアレルギーではない」

しかも、「すべて0.10未満」とは・・・。

「え、じゃあどうして症状が出るんですか?」と質問すると、「そういう人も(100人に?)5~6人はいるから」と先生。

なぜ松宮はいつも少数派なんだろうか?
そしてどうしていつも“原因不明”なのか・・・。

結局、アレルギーの原因は不明。だが、クリニックで飲み薬&点鼻液を処方してもらったおかげでくしゃみは1/3以下に激減し、かなり楽になった。

「自分はアレルギーにならないのではないか」と、どこかで思っていたが「人生に絶対なないんだな・・・」あらためて実感した1日だった。

みなさんは不調を感じたら我慢せず、すぐにクリニックへ!













カレンダー

«3月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

カテゴリー一覧

ブログ内検索

フィード

松宮史佳について

「食べる」「飲む」「踊る」のが好きな本能のままに生きるライター。翻訳業などを経て偶然パーティーで雑誌編集長に出会い、フリーライターの道へ。       

グルメ系から美容、医療などのインタビューから夜の街まで数千件を取材し、経験を積む。

2018年、80歳以上で現役のカッコイイ人々を取材するサイト「Rockな人々」https://hirock1117.wixsite.com/japaneserockpeople/blog/untitledをオープンした。
2020年は新しい企画を考案する予定。              

検索

モバイルサイト