ブログ

2014.09.27

“慢性扁桃炎倶楽部(会員は1人)”扁桃炎と激闘中

9月27日(土曜日)。フードコーディネーターの友人に誘われ、ホームパーティーへ。プロが作る本格的なタイ料理やインド料理、デザートを食べ、ワインを飲みまくり、終電間近の地下鉄で「なにかがおかしい・・・」と気づく。

・・・妙に体がゾクゾクする。両肩がものすごく凝ってるし、頭も重い。  し・か・も・背骨が痛い。。。 

「これは熱が出ている」と確信を持つ。

先週、薄着で寝てしまった松宮。「・・・なんとなーく喉の奥がざわつくな」と思いつつ、“イヤな予感”を封印していていたのだ!

帰宅後、後頭部と前頭部が焼けるように熱い。でも体は寒くてゾクゾクする。「無視して寝てしまおう」と思ったが、眠れない。熱を測ってみたら37.3℃。普通なら「そんなに高くないじゃん」という感じだろう。だが松宮の場合、平熱が35℃なので“(平熱)プラス2℃の37℃代”はかなりキツイ。逆に38℃まで熱が上がると楽だったりするのだ。

とにかく「熱すぎる頭とゾクゾクする体をなんとかしよう」と冷蔵庫から水枕を、押し入れからふとんを出して就寝。

・・・翌日。ひたすら寝ていたが、「原稿の締切が2本あった」と思い出し、薬を飲みながら執筆。なんとか終わったのでまた眠りにつく。

そして9月29日(月)。熱は37℃前後を推移。一時熱はよりは下がってる。でも「喉が痛い!」これはマズイかも・・・。

と、いうことでノーメーク・顔が半分以上隠れるマスク・目深に被ったハンチングという、アヤしい姿で病院へ。去年、入院する前に行った「朝何を食べたの?」「言ってごらんなさいっ!」という名セリフが忘れられない「女医さんの所に行こうかな」と思ったが、電話に出ない。なので、ネットで調べ新たな耳鼻咽喉科へ。その病院は駅の反対方向にあるらしい。そこで一旦駅へ。道がわからないのでおばちゃん2人組に聞くと、「まっすぐ行って、お蕎麦屋さんを左で・・・」と説明してくれる。説明を聞いていると、“果てしなく遠そう”健康体ならば歩くのは気にしない。だが、体調が悪いと気力が失せるのか、「ものすごく遠そう」に感じてしまうのだ。

「・・・かなり遠そうですね・・・・」と遠い目をして呟くと、「何言ってるの!大丈夫よ!」根拠がわからないが、励ましてくれるおばちゃん。お礼を言い、病院に向かう。ホームページには“徒歩4分”と書いてあったが、「全然着かない」。クラクラしながら坂を上り、住宅街を迷う。駅の反対側は立派な家が多く、“閑静な住宅街”といった雰囲気。松宮が住む地域は下町的で「全然雰囲気が違うんだなー」と初めて知る。

再び立ち話をしていたおばちゃんに道を聞き、15分後に病院へ到着。空いていたのですぐに診察室へ。喉を見ながら「左右どちらが痛いですか?」と男性の先生。「左です」「どちらが腫れていますか?」と聞くと、「どちらも均等に腫れています」と冷静に回答する先生。「扁桃腺は大きいですか?」と尋ねてみると、「そんなことはないですよ」と答えてくれる。先生によると、扁桃腺が大きくなくとも「扁桃炎になる人はいる」らしい。

松宮の場合、平熱が35℃という低体温なのだが、「それもよくないですよ」「平熱は高い方が免疫力があっていいんです」と先生。「免疫力をアップした方がいいです」とアドバイスをくれる。普段は飲酒せず、定期的に運動をしているが、“徹夜or睡眠2~3時間(または締切で朝5時に寝る)”という生活が平熱を「確実に低体温にしているんだな」と予測。

以前、扁桃腺が腫れるのは“2ヶ月に1度”だった。しかし最近は“毎月扁桃腺が腫れる”という事態に!!

「無駄にペースアップしてる・・・」と今日気づく。一度扁桃腺が腫れると、“通常よりも高い熱とだるさが2週間は続く”=つまり、“月の半分は扁桃炎・・・”ということに。 

「これじゃダメだ!」と思い立ち、ネットで検索してみると、「マヌカハニー(ニュージーランド産のはちみつ)が扁桃炎に効く」らしいという情報をゲット。早速楽天で注文する。が、病院の帰りに「まさかあるわけないよね」と寄ったナチュラル系のスーパーで「マヌカハニー」を発見!“最安値”と書いてあったネットの商品よりも150円しか変わらない。送料500円を考えれば「こちらで買った方が安かったのでは・・・」という考えが頭をよぎる。

いや、その時一番いいと思ったことをしたんだから「後悔はしない!」と、思いつつも、やっぱりちょっと悔しい。

なので、ネット上で販売していないマヌカハニー“お試しセット(1260円)”を購入

ふたを開けると、“オレンジ色”が強い

マヌカハニーをなめてみると、えぐみはなく、ナッツのような香ばしさがあり、美味。「なんか喉に効きそう(単純)」という気がしてくる。

調べたところ、扁桃炎には「マヌカハニー+大根ジュース」が効くらしい!だが、作り方を調べてみると、切った大根は「数時間マヌカハニーに付ける必要がある」ようだ。“できれば今すぐ扁桃炎を治したい”松宮。数時間も「待ってられない!!!」

そこで、大根をすりおろし、オリジナルでおろししょうがを加え、水とマヌカハニーを合わせてレンジで90秒加熱。

松宮作「マヌカハニードリンク」」が完成!

まずはひと口。・・・・マヌカハニーのふんわりとしたやさしい甘さ+大根の風味が喉にしみ渡る。飲みやすくて結構おいしい。

オリジナルマヌカハニードリンクを飲みながら、そいういえば扁桃炎になっても「食欲がまったく落ちないのはなぜだろう?」と首をひねった。扁桃炎、治るといいなあ・・・。

2014.09.25

雨の日の珍客

・・・台風が来ている(た?)と友人から聞き、初めて知った松宮。ダンス&ジムに行き、「家に帰ろう」と歩いていると・・・「これは?」

道端でカエルによーく似たおもちゃを発見。「よく似てるなー」と思ったら・・・

「!!!!」

うわー!!!動いた生きてる!っていうか、つまりホンモノ?!

お互いの存在に驚き、しばし見つめ合う松宮&カエル。

「都内の住宅街にカエルがいる」ということに衝撃を受ける。実家(町田市の外れ・山の上)の近くでも見たことがなかったのに・・・。「これは写真を撮るしかないっ!」と思ったが、あいにく携帯は充電切れ。家へ戻り、カメラを手に戻ってみると・・・

・・・そこにはもうカエルの姿はなかった

あれは幻だったのか?・・・それにしても「何にも映ってないのが悲しい」。

2014.09.20

仕事のやりがい&職業病

皆さんはどんな時に「この仕事をしていてよかったな~」と思うだろうか?松宮は“誰かの想い”が少しでも伝えられたのかも」と思えた時。「ライターをやっていてよかった」としみじみ思う。

いろいろな考えがあると思うが、松宮が思うライターとは“誰かの想い”を伝えるのが仕事。ここで言う“誰か”というのは、取材対象者やライター自身も含まれる。なので、徹夜明けで原稿を完成し、先方に校正(記事を確認してもらう作業)をする時「記事を書いてもらって・・・本当によかった!」と言っていただいたり、記事を読んで「お客さんが来店してくれました!」というのを聞くと、疲れが吹っ飛んでしまう。

一方で?ライターを続ければ続けるほど激しくなる“ライター的職業に悩む時がある。仕事ではなく、プライベートで行く店や飲食店などで「ついついインタビューしてしまう」ほか、目に入る文字すべての“誤字脱字チェック”など。

(どうでもいいのだが)松宮がよく目にする“誤字脱字”ベストツー(スリーまで思い浮かばず笑)とは・・・

1.綺麗(奇麗:おそらく打ち間違えたのだろうと推測)

2.温かい(温かい:気持ちやもてなしなどはこちらだが、暖かいが使われていることも多い)

とはいえ、誰だった間違えることもある。自分も打ち間違えや誤字脱字はするので、気をつけようと思う。

最近は取材でさまざまな職業の方にお会いすることが多い。“自分とは違う世界に生きる人”に興味津々な松宮。「その仕事をしようと思ったきっかけ」や「やりがいを感じる時」、「ついついやってしまう(その仕事ならではの)職業病」を聞くのが習慣になっている。自分が知らない、「新しい世界を知る」のがおもしろい!

2014.09.16

大ショック!!!

所要で「役所に行かなきゃ」と思いつつ、日々取材&原稿執筆で忙しく、「これではイケナイ」と思いつつ、2年が経過。ついに!勇気を出して区役所へ。

・・・だが、なにやら様子がおかしい。駐車場には車が1台もなく、ドアも空かないのだ。


時刻を見ると15時過ぎ。
まだ「役所は開いているはず」。おかしいなあと思い、しばし考え込む松宮。すると・・・

「今日って世間的には休日?!」ということに気づく。

松宮が役所に出かけたのは9月15日。つまり“休日”だったのだ。

フリーで働いていると、休日は関係なく“年中無休”。なので、原稿の締切日は把握しているが、休日には無頓着になってしまう(松宮だけ?)。

しかし、休日にも気づかない自分にショックを受けた松宮。「気分を入れ替えよう」と本を返しに近くの図書館へ。本を返却しようとすると、なにやらスタッフの方の様子がおかしい

「なんだろう?」と思っていると・・・

「お客様、こちらの本は他の区のものではないですか?」と冷静なひと言。

よーく見てみると、返却しようとした本のうち半分以上は他区のものだった・・・。

原稿を書きまくっていると?“色々なことに気づかなすぎる”・・・とりあえず今日は「ダンスとジムに行ってリフレッシュしよう」と心に誓った。

2014.09.09

松宮邸のナゾ

・・・松宮が常々ギモンに思っていること

1.集合住宅なのに隣のDJが月に2~3度どこからともなく帰ってくる以外、人の気配がまったくしない

2.都内にあるが、テレビの電波が入らない

3ネットにも極力つながりにくい

4.周囲は閑静な住宅街にもかかわらず、1日に1人は歌いながら自転車に乗っている人に出会う

結論:ここは・・・都内の秘境・・・?!

カレンダー

«9月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

カテゴリー一覧

ブログ内検索

フィード

松宮史佳について

「食べる」「飲む」「踊る」のが好きな本能のままに生きるライター。翻訳業などを経て偶然パーティーで雑誌編集長に出会い、フリーライターの道へ。       

グルメ系から美容、医療などのインタビューから夜の街まで数千件を取材し、経験を積む。

2018年、80歳以上で現役のカッコイイ人々を取材するサイト「Rockな人々」https://hirock1117.wixsite.com/japaneserockpeople/blog/untitledをオープンした。
2020年は新しい企画を考案する予定。              

検索

モバイルサイト