ブログ

2014.04.28

コメントが無くなった?!死闘!中華街食べ放題

皆さんからコメントをいただくと、メールでお知らせが届く。メールでコメントが投稿されたとお知らせが届いたけど、無くなってる?! 投稿された方が削除されたのならいいんだけど・・・。

話は変わって、ついに「中華街にある時間無制限の食べ放題.!何時間いたら店員さんからイヤな顔がされるのか!」がアップされた。これ、取材したのが22日(火)、そして連日怒涛の取材&校正が続く中、原稿の締切は24日(木)とかなりタイトだった・・・・。しばらくは中華を食べるの、お休みかな(笑)

2014.04.14

祝ブログ復活記念?!【松宮が体験した、恐ろしい出来事】今度こそ完全フルバージョン

解説:「ブログにアップしよう!」と思い、書いていたらブログが「タグじゃないと更新できない」というナゾの事態に陥ったため、保留になっていたものです。その後、PCが不調だったのは、「Photoshopの体験版が重すぎたから」と判明。今は元の状態に戻っています。

以下、松宮が2月に体験した、超恐ろしい出来事です!

**************************************************

2月は日数が短く、“取材3本+締切3本+修正3本”・・・というような日々を送り、いつも以上にバタバタとしていた。2月も残すところあと2日。そんな折、とある飲食店サイトの原稿が「今日締切」ということが判明!しかもはまれぽの原稿を2日で4本書かなくてはならないという、緊急事態!

・・・大ピンチ到来。が、しかし!

Wifiでネットにつながっているのに「ネットにアクセスできない」最悪の事態に!大ピンチどころか、大・大・大ピンチ到来!!!

ここ数日、やたらとPC自体のパフォーマンスが悪く、メールを送るのにも“タイムアウト”になってしまうことが多かった。まさか、締切数時間前に「こんなことになろうとは!」

しかもこの日は「野毛の老舗Bar、山荘が復活した!?」の掲載日前日。一刻も早く画像を編集部に送らなくてはならない。が、時刻はすでに夜の12時過ぎ。・・・これはもう、「満喫に行くしかない!」

・・・と、いうことで電車に1駅乗り、満喫へ。速攻編集部に「山荘」の画像を送る。そして、画像加工を含めて残り時間7時間。専用サイトで(飲食店サイトの)原稿をアップしなくては!

皆の寝息が聞こえる中、ひたすら画像加工を行い、原稿を執筆。・・・なんとか締切10分前に“ギリギリ”完成!

「さすがにまいった・・・」「でも終わってよかった!」と最寄駅から歩いていると・・・

~1人で歩いちゃ~あぶないよぉ~♪という、歌声が!!!

身構えて後ろを振り返ると、でも、それもいいかもね♪~と歌いながら、自転車に乗った“白い帽子&赤いジャケット姿”の男性が迫ってくる。

思わず立ち止まる。すると、男性は~こんな夜中に~あぶないよぉ♪~と歌いながら去って行った・・・。

っていうか、今は夜中じゃなくて朝だし! しかもあぶないのは誰よ・・・と心の中でツッコんでしまった松宮。

・・・とにかく「ネット環境を整えよう」と思った朝だった・・・。

2014.04.01

ボツ写真集

なぜか「タグを使わないと書けなくなった」というこのブログ。今回は文章が書けないから「日の目を見ない写真で掲載しようかな・・・」と思っていたら!!!!

いつの間にか直ってる!!!!

一体なんなんだろう???ま、いっか(適当)。

せっかくなので「ボツ写真を掲載しよう」と決意。

「ボケてるからダメ」と却下@山城屋旅館

慣れない自撮りでぐったり(笑)@山城屋旅館

(画質が汚いと使用不可)

横浜のドラッグストアに関連した記事の撮影にて@Shibuya Station

(夕方&暗いので自主的に却下) 

これは多分4月掲載、かな?

写真を撮るのも撮られるのも苦手な松宮。もっと写真がうまくなりたいなー!!!

カレンダー

«4月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

カテゴリー一覧

ブログ内検索

フィード

松宮史佳について

「食べる」「飲む」「踊る」のが好きな本能のままに生きるライター。翻訳業などを経て偶然パーティーで雑誌編集長に出会い、フリーライターの道へ。       

グルメ系から美容、医療などのインタビューから夜の街まで数千件を取材し、経験を積む。

2018年、80歳以上で現役のカッコイイ人々を取材するサイト「Rockな人々」https://hirock1117.wixsite.com/japaneserockpeople/blog/untitledをオープンした。
2019年は新しい企画を考案する予定。              

検索

モバイルサイト