ブログ

2014.11.17

キリストからの電話

甘口の白ワインを飲みながら原稿を執筆。いつの間にかうたた寝をしてしまい、起きて「原稿書かなきゃ」とボーっとしていると・・・・

突如電話が鳴る。時刻は23時過ぎ。「誰だろう?」と思い、携帯を見ると、“キリスト(仮名)”の表示が!キリストは長髪を1つに束ねたカメラマン。“ナゼか半年に3回ほど電話を掛けてくる”という間柄なのだ。

「もしもし・・・」と電話に出ると、「あ、その声は寝起きでしょ!」とスルドイ突っ込み。声やの変化を敏感に感じ取るキリスト。仕事の件で電話をすると「なんか元気ないね」「疲れてる?」と聞いてくる。また、久しぶりに会うと、「なんか痩せた?」「今日は髪しっとりだね」など、見た目の変化にも敏感。他人の変化に対するその敏感さは“まるでお母さん”のよう。

「・・・キリストさん、お母さんなの?」とツッコみ返す松宮。「いやー、今もつ鍋を作っててさー」とキリスト。彼はいつも料理中に電話をしてくるのだ。来週撮影がないらしく、電話を掛けてきたらしい。「と、いいつつも来週になったら忙しくなるよ」と返す。

と、ここで「ねえ、請求書のことについて聞きたいんだけど」と松宮。「自分の名前の隣じゃなくって、間違えて会社の隣に自分のハンコを押しちゃったんだけど・・・やっぱりダメだよねえ?(ダメです)」と質問。

すると、「やっぱり相変わらずおもしろいねー」と笑うキリスト。「これから請求書を出してくるわ・・・」と言う松宮に「気を付けてね」「あ、でも誰かに襲われるとかじゃなくって、転んだりしないように、だからね!」とダメ押し。「くっ・・・・」言葉が出ずにいると、一通り話して満足したの、「と、いうことで・・・」とまとめ始める。

「!!!!」

「さては鍋が煮えたんでしょ?」とツッコむと「そうそう、鍋食べるから~」とキリスト。「・・・一体なんなのよ?」と思いながら、再び請求書を印刷しにファミマへと向かった。

カレンダー

«11月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

カテゴリー一覧

ブログ内検索

フィード

松宮史佳について

「食べる」「飲む」「踊る」のが好きな本能のままに生きるライター。翻訳業などを経て偶然パーティーで雑誌編集長に出会い、フリーライターの道へ。       

グルメ系から美容、医療などのインタビューから夜の街まで数千件を取材し、経験を積む。

2018年、80歳以上で現役のカッコイイ人々を取材するサイト「Rockな人々」https://hirock1117.wixsite.com/japaneserockpeople/blog/untitledをオープンした。
2019年は新しい企画を考案する予定。              

検索

モバイルサイト