ブログ

2013.05.30

ニッポン放送「ごごはん」出演レポート

5月24日(金)の数日前。編集部に用があり、電話をしたところ・・・「あ、そうだ!お前ラジオ出ろ!」{たまにはライターが出るのも新鮮でいいだろ!」と“たまたま通りかかったら捕まった?”みたいな感じで急遽ラジオに出演することに。

なんのラジオか判明したのはラジオに出る前日。・・・このてきとーさ加減。相変わらずだ。実は松宮、ブログのでも書いたが「人前で話すのは大の苦手」。が、しかし!最近はなぜか人前で話す機会が巡ってくる・・・。これも何かのめぐり合わせなのだろうか。

何か言うことを暗記して“一字一句抜けがないように言わなきゃ!”と思うからダメなのだ!結局、「まーいっか(結局こうなる)」「相手に合わせて話せばいいや」と思うことに。

ラジオ出演当日。12時20分に編集部・木下さんと有楽町駅で待ち合わせ。ペニンシュラホテルでランチを食べ、13時半にニッポン放送へ。

受付で「はまれぽです」と名乗ると、「え?」と聞き返されてしまう。・・・どうやらはまれぽの運営会社「アイ・ティ・エー」でアポイントが入っていたようだ。いつか“はまれぽ”と言っても一発で通じるように・・・「頑張れ」と心の中でつぶやく。

ニッポン放送は思ったより小ぢんまりとしている。でもラジオ局という響きが「心をワクワク」させるのだ。エレベーターで(確か)4Fへ。放送作家の方とガラス張り&4人掛けくらいのミーティングルームに向かう。「何かお飲物は?」とドリンクリストを渡し、尋ねてくれる放送作家の方。「!!!!」

すごい。ざっと20~30種ほどのドリンクが!さすがニッポン放送。ドリンクの種類が豊富すぎる!!色々目移りするが、結局いつものコーヒーをオーダー。

で、コーヒーを飲みながら放送作家の方と打ち合わせ。と言っても、ゆる~い感じ。「どうしてはまれぽを知ったんですか?」と(やっぱり)取材をしてしまう松宮。放送作家の方は横浜出身で「2年ほど前からはまれぽを知り、チェックをしてた」とのこと!「こちらが緊張しないように」との配慮から色々とお話してくれたのだろう。

「はまれぽ」は横浜・川崎・湘南の地域情報サイト。だが、「なぜニッポン放送がオファーを?」と疑問に思っていた松宮。放送作家の方に尋ねる。すると、ニッポン放送の通信所が千葉にあるので、「対岸の横浜はよく電波が入る」らしい。そのため、「横浜には多くのリスナーがいる」んだとか!意外な事実に感心してしまう。

本番10分前。スタジオに移動。ブースにはスタッフの方が5~6人ほど。ガラス張りのスタジオにはニッポン放送アナウンサーの上柳昌彦さんと山瀬まみさんのお二人だけ!!この小ぢんまり感が好き。

CM中にスタジオへ。上柳さんと山瀬さんにご挨拶。・・・お二人ともすごい華奢な印象だ。CMが終了し、上柳さんが木下さんに「はまれぽとは?」と振ってくれる。落ち着いた様子で答える木下さん。次に「ライターの松宮さんは経歴がユニークで・・・」と上柳さん。「そんなことはないんだけど・・・」と心の中でつぶやく松宮。(以下、若干うろ覚え)

上柳さん:松宮さんはイギリスのダンス学校に行こうと思ったらオーディションで落ちちゃったんですか?

松宮:そうなんです。落ちました(笑)

上柳さん:オーディション落ちるのははショックですねー

松宮:そうですね、ショックです(ここにツッコまれるとは思わなかった笑)

上柳さん:で、アメリカに留学したわけですか?

松宮:ええ、イギリスに振られたので「アメリカへ行こうと(笑)

・・・こんな感じでゆる~くスタート。

上柳さん:そこからどうやってライターになったんですか?

偶然、シナリオセンターの同級生に表参道ヒルズのパーティー券をもらい、「そこで雑誌の編集長に出会った」そこがスタートと説明。続いて「はまれぽのライターになったきっかけ」を尋ねられ・・・

・・・「なんかアヤしいサイトに募集が出てたんです(笑)」と答える。

始めは松宮が書いた記事「流れるぞ!」に話が!「・・・マズい!予想外の展開」「かなり昔なので記憶が曖昧!」と思いながらも・・・桜木町駅に“流れるぞ!”という看板があり、「傾斜があるので、電車が後ろに下がる(流れる)ないように気をつけろよ!」ということだったと答える。(アブないとこだった・・・)

上柳さん:ライターさんはいろいろと大変だと思うんですが、松宮さんは・・・(確かこんな感じだったと思う)

松宮:ええ、2回倒れました

上柳さん:え?

松宮:・・今年に入って2回・・・

上柳さん&山瀬さん:ええー!!!

・・・次に“6回通って取材した豊野”の話へ。すると、CM中に豊野と取引があるという会社からメール?で感想が寄せられる。上柳さんはその感想をCM中に受け取り、さらっと「早速反響が寄せられています」と会話に盛り込む。その姿は「まさにプロ!」

たった一枚しか撮ってないのに「松宮、しっかり目をつぶっている!!!」

・・・ま、いっか。写真苦手だし・・・。

CM中、山瀬さんが「・・・松宮さんは大食いなんですか?」という山瀬さん。

松宮:・・・いえ、あんまり?大食いではないんですけど・・・ええ(笑)ステラおばさんのクッ  

    キーって知ってます

山瀬さん:知ってます!

松宮:あの食べ放題に行ったり・・・

山瀬さん:いつの間にか(体張る系&大食い)専門みたいな?

松宮:そーなんです!!!

・・・松宮、心の叫び。

好き放題に話し、あっという間に出番は終了。とっても気さくでお話しやすかった上柳さんと山瀬さんにお礼を言い、立ち去る。

ラジオ出演、楽しかったな~!と一人想いにふける@日比谷フレッシュネス

2013.05.22

“縁”のフシギ

ライターという仕事はとっても好きだし、自分にも合っている、と思う。でも、締切前は“週3日徹夜!”ってこともあったりして、「ライターやめようかな・・・」と思う時も。でも・・・でも・・・

そういう時に限って“思わぬ縁”から必ず 「一緒にやりませんか?」って引き合いがあるのがフシギ。。。「一体何なんだろう・・・」と思うけど、「まだライターを続けろ」ってことなのかなー。

もう少し、頑張ってみよう。

2013.05.19

京急に乗って、まぐろ!まぐろ!!まぐろ!!!

扁桃炎が8割り方回復した松宮。 「・・・楽しいコトをして完治しよう!」「GWに修行する」で一緒にお遍路さん体験をした友人Y&Mとともに遊びに行くことに!

いつもお得情報に目ざとい友人Yの提案により、京急が販売している「まぐろみさききっぷ」で小旅行を敢行。実は松宮、はまれぽの「赤い弾丸、京急は最速か?」で京急を取材した。

これまでにさまざまな鉄道を取材したが、京急は一番広報に力を入れており、とっても熱心。「1つ尋ねると100以上答えてくれる」広報の方の姿勢に感銘し、今では“すっかり京急のとりこ”に。

ちなみに「まぐろみさききっぷ」とは、①販売駅⇔三崎口までの乗車券②指定区間のバス乗り放題③まぐろ食事券④温泉などの施設利用券付き。

“ありえないほどのお得切符”なのだ!

松宮一行は品川から「まぐろみさききっぷ」を購入(2,980円)。通常、品川⇔三崎口は1,800円なので、あと1,000円ほど使えば元が取れる。だが、切符には、まぐろ付きの食事(2,000円以上の価値アリ!らしい)と温泉施設の入場料(通常は1,000円~)が付いており、6,000円が“半額になるほどお得”!!!

しかも 「平日限定」「季節限定」ではなく、「いつでもOK」

さすが京急、太っ腹すぎる。いや、むしろ「儲けはあるのか?」と心配になってしまう。この“ありえないほどの太っ腹加減”がマニア心をつかんで離さないのであろう。

「京急、今日もありがとう」と別れを告げ、三浦海岸で下車

駅周辺は「すごいローカル」な雰囲気が漂っている

なにがこの“ローカル感”を醸し出しているのか?としばし熟考。・・それは「駅の周りに高い建物が一切ないからだ」と気づき、納得。駅に降り立つと・・・

まぐろ!

まぐろ!!まぐろ!!!

怒涛の“まぐろ押し”。

「まぐろを押す」と言ったら「とにかく押す!」

・・・京急のブレなさ加減が好き。

駅を出てバス停へ。剣崎行きのバスに20分ほど乗り、下車。

キャベツ畑に囲まれた細道を登りながら、剣崎灯台を目指す

1871年に明治政府が設置した剣崎灯台

アクセスがかなり不便なので、ほとんど人がいない。陽射しは強いが、風は爽やかで気持ちいい。

眺めも最高!

灯台の中に入りたかったが、鍵がかかっていたため断念。再びバスに乗って三浦海岸駅へ。いよいよメインイベントの“まぐろづくし”を食すことに!駅から徒歩3分ほどの「回転寿司 海鮮」へ。

まぐろ・中トロ・大トロのほか、地魚握りなど12貫が付いた「丸ごと岬づくし」

超新鮮で美味しかった赤身

しらすも新鮮で透き通っている!

まぐろのゼラチン質+味噌で合えた珍味!

ネタはすべて新鮮で美味しい!ボリューム満点で「2,500円以上の価値がある」と思わせるほどの充実ぶり!

・・・続いて再び京急に乗車し、三崎口駅へ。バスに乗り、“メガネ型”をした馬ノ背洞門を目指す。・・・が、バス停からの地図が一切ない!友人Y&Mがスマホを駆使し(松宮はガラ系携帯のみ所有)、30分歩き回って探したが、見つからず。

食堂のおばさんに尋ねてやっと正しい道が判明するも、疲れ果てた3人。次の馬背門に行き、次のバスに乗るとすると、30分以上は待たなくてはならない。「・・・もう温泉に行こう」と満場一致で決定。

結局幻となった馬ノ背洞門

方向音痴の松宮。世界各所に「今だたどり着けない場所」があるが、また新たな場所が追加されることに。

バスを乗り継ぎ、観潮荘へと向かう

通常の日帰り入浴は1000円

前日2時間しか寝ていなかったため、温泉では「一切の記憶がない」

・・・とはいえ、やはり温泉は気持ちいい!すっきりしたところで夕食。知人の知人に誘われ、地元の居酒屋へ。・・・が、そこで事件が勃発!

梅酒を頼み、ひと口。すると、なぜだかわからないが、“これは飲んではいけない”という、危険な信号を全身で感じ取る。

なんというか、ものすごい“化合物”のような味がするのだ。「!!!」そう、たとえて言うなら「ろうそくの味」。どうしても飲むことができないので、レモンサワーを注文。が、「まったく同じ味だった・・・。

と、ここでお店のおばあちゃんが気を遣って「めずらしいモノがあるから」と「マンボウ」を出してくれる。

「マンボ―――――???!と驚く一同。・・・マンボーーーーーってあの、スイカみたいな巨大な魚???

「どんな味なのか」・・・恐る恐るひと口。

・・・噛めば噛むほど「味がない」

もともと味が淡泊なのか・・・。味がまったくない。食感はイカみたいな感じ

・・・居酒屋のおばあちゃんは気を遣って出してくれたのだ。一同、黙々とマンボウを食す。9時半過ぎ、居酒屋を出る。

とにかく、ナゾの化合物サワー?とマンボウが強烈だったため、お昼に食べた極上まぐろの記憶が消え去りそうになる。が、新しいコトに出会えるのは楽しい!そんな気持ちになった一日だった。

2013.05.17

ドS女医現る

3月に“水を飲むのにも涙が出る”という扁桃炎になり、入院した松宮。「もう絶対扁桃炎にはなるまい」そう思っていたのに・・・。

先週の金曜日。取材のため終電を逃してしまい、2時過ぎにタクシーで帰宅。週末は貧血でダウン。そして「なんか喉が痛いな・・・」と思いながらも、前回ほどではなかったので放置。が、全身に倦怠感を感じ、熱を測ると37度3分。「やっぱり熱がある」。。。

平熱35度の松宮。37度でも「ものすごいダルイ」。が、38℃以上熱が出ると、“フィーバー状態”でハイになるのが不思議だ。

・・・「(なんとなく)喉が痛い」と思いながらも2日放置。すると・・・

リンパ腺が腫れてきた。夜になると熱が上がり、体中が熱い。 「さすがに放置してたらマズイかも」と思い、翌朝前回入院する前に診てもらった近所の耳鼻咽喉科へ。病院に到着すると、受付に前回と同じこわ~い女医さんの姿が!!!

松宮を見るなり、「なに?いつから喉が痛いの!」と睨みながら詰問「・・・週末くらいから・・・」としどろもどろになる松宮。すると、「なんで今日来たの!」「今日は水曜日でしょ!」「月曜日は?」「火曜日はどうしたのっ!!!」と詰め寄る先生。

そして、「早く(診察室に)入って!!!」と促される。戦々恐々の松宮。先生は診察するなり、「あなたは扁桃炎が慢性化してるんだからっ!」と一括。「自分で気を付けないとダメでしょっ!」「疲れがたまると喉にくるんだから!」と矢継ぎ早に責められる。

二度しか会ったことがない人に“いつも100%怒られている”という、この状況(しかも二度とも)「・・・これは一体なんなんだ・・・」という疑問が頭に思い浮かぶ。が、言っていることはごもっとも&先生のあまりの迫力に「・・・はあ・・・」しか言葉が出ない。

そして帰り際。受付にて・・・。「あなた、その調子だと朝ごはん食べてないでしょっ!」と先生。あまり食べなさそうに見えるのかもしれないが、“朝ごはんはしっかり食べる派”の松宮。「あ・・いえ、食べました」と勇気を出して発言。

すると、予想に反したのが悔しかったのか、「何を食べたのっ!!」

「言ってごらんなさいっ!!!!」と反撃する先生。

「!!!!!?」「言ってごらんなさいって!!!!」

「・・・言ってごらんなさいっ!!!!」って!!ドラマや映画じゃなく、“実際に言う人っているのか!”と衝撃を受ける。

「言ってみなさい」でも「言ってみて」でもない、「言ってごらんなさい!!!!」って!!!

戦前の華族かっ!!!

・・・おずおずと「チーズ(を食べました)」と先生に言うと、「ダメよ!!!」「チーズなんて消化悪いんだから!」と容赦ないツッコミ 「あ、結局ツッコまれるんだ・・・」と心の中でひっそりつぶやく。

すると、“大仏パンチ”頭のおばちゃん(看護師さん)が「あら、本人が食べたかったのよねーえ!」と松宮に加勢してくれる。

と、ここでドS女医&大仏パンチ&受付のおばちゃんが入り乱れ、収拾不可能な事態に!

「・・・チーズのほかにたこ焼きも食べました」と言おうとするが、恐ろしいので言葉を飲み込むことに。薬を飲んで取材先へ向かった松宮だった・・・。

ドS女医の顔が脳裏に浮かぶので、大人しく薬を飲むことに

・・・後はリポDで!

2013.05.07

GW中に修行するの巻

GW中も(結局)“取材&原稿執筆”だった松宮。原稿を書いていると、友人から「パワースポットに行かない?」との誘いが!

噂のスポットは「玉川大師玉眞院」というらしい。お寺に霊場があり、気軽にお遍路さん体験ができる とか!しかも、弘法大師が祀ってあるとのこと!そして、訪れると「煩悩がスーッとなくなる」らしい!!

昨年末、わんこそば108杯(正確には85杯)を食べ、煩悩を払った松宮。が、半年以上経つので、“煩悩の塊”に。

これは行くしかない!」

と、いうことで、友人2人と松宮で二子玉川にある「玉川大師玉眞院」へ。この日は気温25℃。汗ばみながら15分ほど歩くと・・・

住宅街にひっそりと佇む「玉川大師玉眞院」に到着!

まずは靴を脱ぎ、お寺の中へ。・・・こういう“靴を脱ぐ”というシチュエーションに限り、気温25℃にもかかわらず季節外れのブーツを履いてきてしまう松宮。友人にツッコまれ、はずかしさ満載。。。

霊場へ行く前にお坊さんから説明を受ける。霊場には「暗闇の中に金属の取手がある」「それは、上にいる大日如来さんとつながっていおり、握るとご利益がある」とのこと!これは握らねば!

中は電気がなく、「真っ暗」らしい。サンダルを履き、階段を下ろうとするが、「真っ暗」が気にかかる。思わず「なんで真っ暗なんですか?!」とお坊さんに質問。プライベートなのに、またライター魂が炸裂してしまう。。。

下の霊場では、“真っ黒な所”と“明るい所”が交互にやってくる とお坊さん。“真っ暗な所”があるのは「修行だから」とのこと! 「おお~!」と一同納得。

なんとなーくの並び順から友人M・松宮・友人Yという並び順に。恐る恐る階段を下り、いよいよ霊場へ。

中はホントに“真っ暗”!通路幅は1m弱くらい(電気アリの所で確認)でとっても狭い。何も見えないと進むのが本当に怖い。ゆっくりすり足で洞窟のような通路を進む3人。とっても「怖い」のだが、探検しているような「ワクワク感」もあっておもしろい。

右手で壁を伝い、暗闇の中をすり足で歩いていると・・・「!!!!」

あった!!!願いがかなうといわれる金剛杵!すると、松宮の後ろから「うわっ!」という友人Yの悲鳴が!

・・・どうやら、友人Yは間違えて松宮の手に触れ、驚いて悲鳴を上げた ようだ。・・・こっちがびっくりした!!!

進んで行くと、四国霊場八十八本尊の石造に到達。

中は撮影厳禁なのでパンフレットより(真ん中のおじさんがキニナル)

外は真夏日なのに地下はひんやり。大勢の大師さんに見つめられ、気も引き締まる感じ。と、ここで自分の数え年の大師さんの前でお祈りすることに。だが、大師さんの前に書いてある表示がイマイチ読めない。

「ねえ、なんか四十ばっかり!」と松宮。すると、「それ、四国って書いてあるんじゃない?」と冷静な友人M。・・・さすが頼りになる。

弘法大師には「いい原稿が書けますように」とお願い

最後に豪快にドラを鳴らして健康を祈願。松宮の進む順番は二番目だったのに、出る時には一番先に!終ったらさっさと帰るという所に性格が表れている。。。

友人MとYは「日本酒の会」へ。原稿の締切が2本ある松宮。1人泣く泣く帰宅。が、「このままじゃ原稿書く気になれない・・・」暑いのでジェラートを食べることに。

左:オレンジ風味(名前失念)右:リコッタチーズ&ブルーベリー560円 アクオリーナ@祐天寺で購入 

オレンジ風味の方は爽やかな酸味があり、美味。リコッタチーズ&ブルーベリーは結構濃厚。「美味しいなー」と食べながら駅を歩いていると・・・「!!!!」なんだあれは!!!!

駅構内で日傘を差し、全身を黒で覆って仮面を被ったスターウォーズのダース・ベイダー(もしくはアイアンマン)が!!!

・・・修行を積んだから?不思議なモノが見えたのだろうか・・・。リアルライフでダースベイダー(またはアイアンマン)を見れるとは!貴重な一日だった。

2013.05.01

ライター(松宮だけ?)の職業病

いつも目に入る“爪”がきれいになっていると、気合が入るのでネイルサロンが大好きな松宮。

前回、“関東でもっとも安い(多分)”と言われるサロンに行ったところ、ジェルがわずか2週間ほどで浮いてしまった!そこで急遽、ほかのサロンを探して行くことに!

初来店のお店でスタッフのお姉さんにネイルをしてもらいながらお喋り。「お店の客層」「最近流行りの色」「混む時間帯」等を質問。すると・・・

「すっごい聞き上手ですね!」「やっぱりライターさんだから・・・」と微笑むお姉さん。「え?」「他のお客さんはあまりはなさないのか」尋ねる松宮。

他のお客さんは「あまり自分から質問してこない」ので、「こちらから話かけないといけない」とお姉さん。ここまで“間”がなく、質問してくる人は“いない”とのこと。

自分ではまったく気づかなかったが、プライベートでも無意識のうちに取材しているとは!!!はずかしすぎる・・・。

・・・その後、質問を自重。前日3時まで原稿を書いていたため、思わず寝そうになってしまう。

眠気と格闘しながら、1時間半ほどでネイルは完成。前回行ったサロンとほぼメニューは同じだが、料金は「500円ほどの違い」。しかし、出来栄えは雲泥の差

やはり「安ければいいというわけではないんだなー」と実感してしまった。

“これぞプロの技”!

カレンダー

«5月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー一覧

ブログ内検索

フィード

松宮史佳について

「食べる」「飲む」「踊る」のが好きな本能のままに生きるライター。翻訳業などを経て偶然パーティーで雑誌編集長に出会い、フリーライターの道へ。       

グルメ系から美容、医療などのインタビューから夜の街まで数千件を取材し、経験を積む。

2018年、80歳以上で現役のカッコイイ人々を取材するサイト「Rockな人々」https://hirock1117.wixsite.com/japaneserockpeople/blog/untitledをオープンした。
2019年は新しい企画を考案する予定。              

検索

モバイルサイト