ブログ

2015.06.14

キテる?!

去年の11月末に倒れて約7ヵ月。「(寝不足だとツライけど)最近・・・倒れる前よりも体が軽いかも・・・」とダンス中に気づいた松宮。というか、“倒れる前よりもパワー100倍くらいになってる!!!”ことに気づく。

たとえていうならば「湿度100%,温度35℃でぐったり」だったのが「湿度20%温度22℃で超快適」みたいな感じ!

あのダルさ&眠さはなんだったんだろう・・・。よくなったから「ま、いっか(いつもこれ)」。

熱は元平熱の35℃までは下がらない(現在36.7℃)

けど、体調が悪いわけではないので「いいことにする」。

ふと家に飾ってあるガーベラを見ると・・・

「!!!!」

超満開!!!

ガーベラはここまで開くのか・・・。ここまで開いているの、初めて見た!なんだか幸先いい気がするな~!

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

Tockyさん

ありがとうございます!

苦倒&苦闘・・・うまい!

微満開!そうですね。少しずつ。

爺、ゆめゆめ油断はせぬぞ!(笑)

  • 松宮史佳
  • 2015.06.19 08:32

いつもあざっす!さん

そうそう、良きことなり、です(笑)

花、愛でてますよー。締切はありつつも、のんびり暮らしています。

  • 松宮史佳
  • 2015.06.19 08:28

苦倒(苦闘)7ケ月・・復活の兆しアリ
体調もどったんですね\(^o^)/
徐々に・・微満開でいいですから!!

これで爺も一安心じゃて
しっかし姫・・ゆめゆめ御油断めされるな!

  • Tocky
  • 2015.06.18 10:38

うむうむ。
良きことである。

疲れを溜めない様にゆったりと花を愛でましょう。

家来その1は嬉しゅうございまする(涙)

  • いつもあざっす!
  • 2015.06.17 21:36

ス。さん

ライターになってからはずっとそんな生活でした。今思えば去年は毎月扁桃炎になって倒れたり、一昨年は喉が痛くて水も飲めなくなり即入院したり・・・と兆候はありました。でも疲労が蓄積しているとは思わず気づかなかったんです。「たまたま倒れた」と思っていたんですよ(笑)

体が健康な人ほど「途中がないので危ない」と仙人(漢方の先生)が言っていました。「このままだったら死んでたよ」と半ば脅されたりして。

ホント、ラッキーでした。

  • 松宮史佳
  • 2015.06.17 08:36

「5年ほど週3徹夜」って!

そりゃ体もブッ壊れますよ(笑)

よく記事で「徹夜明けで~」と書いてたのは見ましたが
そこまで過酷な生活をしてたとは…

もともと体が丈夫だったので
限界まで強い自覚が無いまま耐えられたんでしょうね。

でも「過労死」とか「ブッ倒れて入院」とかなくて良かったです。
内蔵とか関節も痛めてないし…ある意味ラッキーですよ(笑)

  • ス。
  • 2015.06.16 13:38

しげさん

5年ほど週3徹夜するような生活をしていたので・・・やはり「疲労」が原因だと思います。でも「復活の兆しアリ」です!

  • 松宮史佳
  • 2015.06.15 21:00

ス@平熱36.5度前後さん(笑)

36.5℃は理想的な平熱ですよね。

今まで体的に「疲れる」とか「ダルい」と感じることがなかったので、本当にどうなるのかと松宮も思いました。これでやっと復活できそうです!ありがとうございます☆

  • 松宮史佳
  • 2015.06.15 20:56

ただ単に体温が上がっただけじゃないの?

  • しげ
  • 2015.06.15 19:59

いいですよ!確実に!
しつこくこびりついた疲れが抜けてきてますね!

一度はどうなるかと思いましたが…

いや~よかったよかった(笑)

  • ス@平熱36.5度前後
  • 2015.06.15 12:42

コメントフォーム

カレンダー

«6月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

カテゴリー一覧

ブログ内検索

フィード

松宮史佳について

「食べる」「飲む」「踊る」のが好きな本能のままに生きるライター。翻訳業などを経て偶然パーティーで雑誌編集長に出会い、フリーライターの道へ。       

グルメ系から美容、医療などのインタビューから夜の街まで数千件を取材し、経験を積む。

2018年、80歳以上で現役のカッコイイ人々を取材するサイト「Rockな人々」https://hirock1117.wixsite.com/japaneserockpeople/blog/untitledをオープンした。
2019年は新しい企画を考案する予定。              

検索

モバイルサイト